秋刀魚とは?

ダツ目サンマ科サンマ Coloabis saira

分 布

日本~アメリカ西岸にいたる太平洋北部に分布。表層性。

形 態

口がとがり、体は扁平で、体側が銀白色に光る。全長40cm。
腹びれが後方にあること、背びれとしりびれの後に小さなひれ(小離びれ)があることが特徴。吻端と尾柄部後方は黄色味を帯びる。死ぬと鱗がはがれやすい。

生 態

春から夏にかけて日本の西南海域から北海道や千島列島南部の沖合まで北上し、8月中旬ころから南下します。三陸では北上期の6~7月にも、定置網などでかなりまとまって漁獲され、南下期の10月頃にも漁場が形成されます。卵は流れ藻に付着しており、発見される時期は冬から夏までと長く、場所も一定せず、日本各地でみられるようです。飼育実験や耳石の研究から、7~8ヶ月で中型魚に、満1年で30cmを超える大型魚になることが示され、サンマは年魚であることがわかりました。餌は主に浮遊性の小型甲殻類(エビ、カニの仲間)を食べています。

秋のサンマは北の海でたくさんの餌を食べているので脂がのっていますが、初夏のものは脂がなくサッパリしているため、焼き魚としては物足りなく、たたきや刺身にして食べます。開きやみりん干しなどにも加工されます。

※さんまはTAC(注)魚種で、TAC(Tatal Allowable Catch) とは、漁獲可能量のことで、毎年魚種ごとに、何万トン漁獲しても良いか国が決めます。

さんま棒受網漁業の案内

さんま棒受漁船

さんま棒受漁船

ローラー式揚網機

ローラー式揚網機

 

さんま棒受網漁業図

  1. 魚群探知機とライトでさんま群を探し、集魚灯でさんまを集めます。
  2. 左側の集魚灯を消し右側にさんまを集め、その間に左側に網を敷きます。
  3. 右側の集魚灯を船尾から順番に消すと同時に、左側の集魚灯を順番に点けさんまを網に誘導します。
  4. 集魚灯をすべて消し、赤灯を点けさんまを浮上させます。
  5. さんまが網の中で旋回状態になったら網をたぐりよせてポンプで吸い上げ魚倉に入れます。
1)集魚灯でさんまをおびき寄せる

1)集魚灯でさんまをおびき寄せる

2)集魚灯に集まるさんま

2)集魚灯に集まるさんま

3)赤灯でさんまを浮上させる

3)赤灯でさんまを浮上させる

4)さんまを網に取込み船に引き寄せる

4)さんまを網に取込み船に引き寄せる

5)網の中で跳ね上がるさんま

5)網の中で跳ね上がるさんま

6)ポンプで船上に吸い上げる

6)ポンプで船上に吸い上げる

7)氷と一緒に素早く魚倉に入れる

7)氷と一緒に素早く魚倉に入れる

コメントは受け付けていません。